妊娠線はどうしてできるの?

悩む妊婦さんの画像

体型の変化が大きいため
妊娠すると体の変化が普段より大きくなります。赤ちゃんの成長とともにお腹もおおきくなります。お腹以外でも、腰回りやお尻、胸や足にも脂肪がつきやすくなります。

急に体重が増えたりお腹が出ますから、皮膚はその変化についていけず、むりにひっぱられるため、皮下組織に亀裂が入って妊娠線となるのです。

体重を急激に増やさないように注意したり、お腹が大きくなる前から妊娠線の予防クリームを塗るなど、対策してくださいね。

妊娠によるホルモンバランスの変化
妊娠するとコルチコステロイドというホルモンが増えます。このホルモンには、肌の生まれ変わりに必要なターンオーバーや、皮膚の新陳代謝を抑える働きがあるので、妊娠線ができやすい原因といわれています。

妊娠中は乾燥肌になりやすい
妊婦さんはつわりなどで食事のバランスを崩したり、運動不足や不眠症を引き起こしやすいです。そのため、体のリズムが崩れ便秘などになりやすいため、水分不足や乾燥肌を引き起こしやすいといえます。肌に潤いがないと柔軟性がないので、妊娠線ができやすいといえます。

 まとめ
妊娠線ができないようにするには、「急激に体重を増やさないために管理をする」「肌に潤いを与える」「バランスよく食事をとる」などです。妊娠初期はつわりなどで体調をくずしやすいですが、妊娠線クリームやオイルは、お腹が大きくなる前から始めることがポイントです。

ですが、妊娠初期は匂いや肌が敏感な時期でもありますから、体調が良い日にぬるなど徐々にはじめるとよいでしょう。

妊娠線ができ始めるのはいつ?予防を始める時期

妊娠線予防クリーム

いつ頃妊娠線ができ始めるのかというと、ママによって時期はちがうようですが、お腹が大きくなり始めた頃という妊婦さんが多かったようですね。

あと、一人目のときより二人目のときのほうが、お腹が大きくなるのがはやくて、妊娠線のでき始めもはやかったというママもいるようです。

人によって、お腹が大きくなり始める時期は違いますから、妊娠線の予防対策を始めるなら、妊娠初期から始めるようにしましょう。

クリームやオイルを塗っていないのに、妊娠線ができなかったというママもいれば、まめに妊娠線予防クリームをぬっていたのに、できてしまった!というママもいるようです。

妊娠線は、体質によってできるできないがあるようですが、予防するためにも妊娠初期からクリームやオイルを塗って、肌に潤いを与え柔軟に保つことが大切です。

また、体重を急激に増やさないように注意しましょう。急激に体重が増えて体が大きくなると、皮膚がその変化についていけず無理に引っ張れるため、亀裂が入り妊娠線ができてしまいます。

妊娠中は、つわりで食欲が増したり、食べられなかったり、栄養バランスが崩れやすいです。そのため、便秘や肌荒れをおこしやすいため、乾燥肌に妊婦さんはなりやすいようです。

妊娠線を予防するには、肌を柔軟に保つことが大切なので、栄養バランスにも注意したいですね。

予防クリームやオイルは、お腹が大きくなってから塗るのでは効果がありません。肌のターンオーバーは、20歳の肌で約28日といわれていますから、しっとりとした潤いのある肌に改善されるまでには、時間がかかりますから、妊娠初期から塗り始めるようにしましょう。

赤ちゃんの性別がわかるのはいつ頃?

赤ちゃんの画像

赤ちゃんが男の子か女の子かとうのは、お腹の中で卵子と精子が受精したときから決まっています。妊娠7週目頃まで胎児の見た目は女の子だそうです。

妊娠12週頃、つわりがおさまるくらいのときに、男の子なら精巣が作られ男性ホルモンが分泌されるようになるので、男の子の姿になっていきます。

けれど確実に性別判断できるのは、もう少し後になるでしょう。お腹の中の赤ちゃんをはっきりみることができないので、早くても妊娠16~17週、性別がわかりやすい時期は妊娠18~20週のようですね。

産婦人科でエコー検査したときに、赤ちゃんの性別が判断できますが、胎児の体勢によって判断できないこともあります。

赤ちゃんの性別を妊娠中に知っておくと、性別にあわせてベビー用品の準備ができたり、名前を感がることができるので、よいかもしれませんね。

昔は、妊婦さんのお腹が前に突き出ていたら男の子、横に広がっていたら女の子と判断していたようです。

妊娠初期に眠れないときの原因と対策!

妊娠初期に眠れない妊婦さん

妊娠するとホルモンの作用によって、体は赤ちゃんを育てるための準備がはじまります。また、ホルモンバランスが乱れることで、情緒不安定になりイライラしたり落ち込んだり・・・

妊娠初期は、つわりが始まるママもいて、匂いに敏感になったり、胃のむかつきや吐き気など、さまざまな症状が現れます。

始めて妊娠を経験するママは、わからないことが多く不安ですし、体もこれまでのようにいかないので、不眠になりやすいのです。

妊娠初期に、眠れない日が続着辛いからと、薬に頼りたくなる妊婦さんもいると思いますが、妊娠中に薬を安易に飲むのは危険です。

睡眠薬や睡眠導入剤は、赤ちゃんに悪影響を与える可能性があるので、自己判断するのではなく医師に相談して薬を処方してもらいましょう。

妊娠初期に眠れないときの対策です!

  • 寝る前にお風呂にゆっくりつかる
  • 寝る前に温かい飲み物をのむ
  • 寝やすい姿勢を探してみる
  • 眠たいときにねる
  • 昼寝をする
  • 昼間に軽い運動をする

妊娠中に眠れないときには試してみてください。

始めて妊娠を経験するママは不安も大きいので、経験者でもある先輩ママに相談したり、旦那さんに話して助けてもらたり、気持ちをらくに持ちましょう。

妊娠中に太りすぎるとどんなリスクがある?

妊婦さんの画像

よく「お腹の赤ちゃんの分まで食べなさい!」と昔からいいますよね。でも、これは間違いで、妊娠中に体重が急激に増えることでママや赤ちゃんに悪影響を与えます。

妊娠中に太ってしまうことで、起こりうるリスクをまとめました。

●妊娠糖尿病の可能性
妊娠中に太りすぎると、血糖値が高くなってり妊娠糖尿病になるリスクが高くなります。り妊娠糖尿病になると、流産や赤ちゃんが大きくなりすぎて難産になる原因となります。

研究結果で、肥満のママから生まれた赤ちゃんは、若年死亡のリスクが高いという結果があるようです。

●妊娠高血圧症候群の可能性

妊娠高血圧症候群とは、妊娠20週目から産後の12週目頃まで高血圧が続く症状です。これに、蛋白尿が伴うことで妊娠高血圧症候群といわれる病気になります。

妊婦さん全体の3~7%が妊娠高血圧症候群だといわれていて、この病気が悪化することで赤ちゃんの発育不全や機能不全を引き起こすため、赤ちゃんへのリスクが高くなります。

●難産の可能性

肥満になると脂肪が内臓につきますが、赤ちゃんが産まれるときの通り道、産道にも脂肪がつき狭くなります。このため、お産に時間がかかり難産になる可能性がでてくるのです。

また、赤ちゃんが4000グラム以上になると、お産に時間がかかるので難産のリスクがたかくなります。
また、赤ちゃんが4000グラム以上、大きくなりすぎてしまう可能性もあるので、そのことによりお産に時間がかかります。

■まとめ
妊娠すると体には脂肪が付きやすいし、体型も変わるので太って見えたりしますが、だからといって無理なダイエットをするのは危険です。

妊娠中には、その人に合った妊娠体重がありますので、それを知っておくようにしましょう。暇があるとお菓子をポリポリ食べすぎてしまったりするので、時間のあるときは無理のない程度に軽いウォーキングを毎日行ったりして、体重管理をするようにしましょうね。